2014年5月13日 (火)

唐突なる気まぐれ

0

「そういうの、イヤなんだよ……! 頑張っているのに報われないとか、努力しているのに認められないとか、そういうの……!」

『バカとテストと召喚獣 9』 吉井明久

1

 唐突に、思い出したようにblogを更新してみましたり。

2

 とゆーわけで、少しばかり前になんとなく買ってみたNexus7(2013)がAmeba専用機と化しつつある今日この頃、もう少しまともに使い道を考えないともったいないにも程があるっつーことで、だいぶ昔に購入したBluetoothキーボードをつないでみた次第。

 ちなみにブツはELECOMのTK-FBP017。メーカーのサイトを見ても新しいドライバ類を配布している様子がないので使えないかと思ったのですが、実はHIDプロファイルで普通にペアリングできるらしいと知り、喜び勇んで試してみたところあっさり成功。ひゃっほう。

 そんなこんなでキーボードでの文字入力ができるようになって、Nexus7もいろいろ使い道が広がりそうな気配なんですが、使い勝手についてはちょっと困った部分がなきにしもあらずっつーか。具体的にゆぅと、一度接続が切れるとキーを叩いたりしても再接続してくれないのは仕様でしょうか。それとも使い方の問題でしょうか。おかげで使うたびに再ペアリングとか面倒なことをしなければならないので、どうにかならんものかと思っているのですが。どっかに情報あるかなー。もーちょい調べてみるかなー。

 あと、Nexus7でテキストを打つようになると、役割がかぶるのでポメラがいらない子になってしまうー。割とお気に入りのランバ・ラルモデル、略してポメランバ・ラルが……(何)。いやまあ、正直なところ、最近はあんまり使ってなかったけどネ。

3

 ここ最近、仕事が少し楽になってきたので、こーゆーオモチャで遊ぶ時間を増やしていきたいなぁ、と思ったりするワケで。今回のblogの更新はただの気まぐれなので、継続する可能性は低いと思いますが(←おい)、ラジオ番組へのメール投稿とかは再開したいと、自分自身を追い込むためにもこの場で言葉にしてみます。

4

 もひとつ加えて、長らくご無沙汰しているTRPGの方もそろそろ再開したいですのう。6月にはN◎VAの新サプリが出るらしいし、その前に再起動しときたいもんじゃのー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月31日 (土)

2011年、最初で最後の記事投稿

 とゆーことで唐突ですがblog更新です。なんか今年に入って1回も更新していないことにはだいぶ前から気付いており、まぁ別にイイかと思っていたのですが、除夜の鐘が鳴り始めてから急に「いや、1回くらい更新しておこうよ」と思い直したとかそういう理由です。何だそれ。

 まぁ取り立てて書くネタがあるわけでもないのですが、ってゆーか本当なら書くべきことはあれこれあるのかもしれませんが、丸1年以上放置していたblogで急にそれを書くのもどうかということなワケでして、結局のところ継続していなかったとゆぅ時点で何の力もないのだからおとなしくしとけという結論にならざるを得ないのだと思います。

 一応、今年の初めからTwitterなんぞを始めたもので、そっちでつぶやいて満足しているとか、いやそっちだってろくにつぶやいてないじゃんとか、そーゆー状況と環境の変化なんかもあったりはするんですが。

 2012年もこのペースがどうにかなるのかと言われると、ぶっちゃけ変わりゃーしねーだろうと思うのですが、ま、もーちょいいろんなものを活かしていけるようにしたいと思っておりますので、そんなこんなで。

 今年もいろいろお世話になりました。>ALL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

千葉市かよッ!? 他

0

グローリアス:お、俺の『アルシャード』が……。矢野俊策! なんだかんだいって、あんたは天と同類だーっ!(爆笑)

アルシャードクロスオーバー リプレイ 襲来! コスモマケドニア!!
グローリアス as 井上純弌

1

 つーことで、アニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のオープニングを観てマジ目が点状態になった、千葉県千葉市在住のKENでございます(何)

 そんなこんなで最近もいくつかはアニメを観ていたりするのですが、なんとな~く気が向いて見始めてみた『俺妹』で、

「ちょっ!? おまっ!? モノレールモノレール! そごうそごう!」

 とかそんなふうに、変な感じに盛り上がってしまい、何やらしっかり観続けているという……単純じゃね、俺?(笑)

 まぁ、以前からタイトルはちょい気になってましたし、観てみればそれなりにおもしろかったりもしたので、とりあえず今期のチェック対象作品に指定してみた次第。よい作品として最後まで鑑賞できることを願います。

 他にも観ている作品はいくつかありますが、そいつぁまぁ、また別の機会に。

2

 その一方で、実は『私はラブ・リーガル』にちょっと注目していたりする今日このごろ。WOWOWで放送中の海外ドラマで、ファンタジー&コメディー&法廷ドラマという、「いやいや、詰め込みすぎだろ、おい」みたいなツッコミが口をついて出そうな内容なのですが……これがなかなかおもしろかったりしまして。

アメリカ大ヒットドラマ日本初放送。ファンタジーでありコメディであり法廷ドラマという、ユニークな設定。
今までにないコメディタッチの法廷シーン、女性の価値は外見にあるのか内面にあるのかなどの問いを通じ、働く女性のホンネにも鋭く迫り、大人の女性が思わず共感する話題作だ。

私はラブ・リーガル|WOWOWオンライン 見どころポイント!」

 基本ラインはコメディーなのですが、笑いの中にも深いドラマがあったり、切ないラブストーリーがあったり、緊迫の展開が待っていたり。そんだけいろいろ凝縮しつつも、海外ドラマらしい速いテンポで小気味よく進行する内容になっております。

 正直に言ってしまうと、どうやら 寺田はるひ さんが吹き替えで出演なさるらしいという理由で視聴してみたっつーのがきっかけなんですが、そんな理由でも“当たり”を引き当てさえすればこっちのものっちゅーことで(笑)。

 ともあれ、これも今期、最後まで付き合ってみようと思います。

3

 さて、それはそれとして冬コミ、受かりました。「True Type Factory」は3日目の12月31日(金)、西-ま37aにて参加となります。

 ネタはずいぶん前からの宿題になっている『ケータイ少女』の小説本で、これが『ケータイ少女』での最後の参加になるかと思います。なので、自分なりに納得のいく形で、きっちり形にしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

2010年夏コミ直前ですよ

0

「『……そして雪ん子は、原田さんに襲われないように気をつけてくださいね』 まぁ、襲われてはいませんが、えー、若干、こう、味見的なことはされております」

「ちょーっとぉ!? まだテイスティング! だーいじょうぶ!」

「「味見じゃん」」

バカとテストと召喚獣 文月学園放送部 第24回」
下野紘&原田ひとみ&五十嵐裕美

1

 そんなおバカなトークがてんこ盛りのラジオCD『バカとテストと召喚獣 文月学園放送部 Vol.3』は、コミケ初日と同日の8月13日に発売です(何)

2

 とゆーことでコミケの話。

 先日、無事に製本作業まで完了しましたので、TRPGサークル「チーム枕連」は今夏、以下の新刊2種類を頒布致します。

トーキョーN◎VAシナリオ『夜を翔ける Vol.1 Ver1.01』
トーキョーN◎VAシナリオ『夜を翔ける Vol.1 Ver1.01』表紙
トーキョーN◎VAシナリオ『夜を翔ける Vol.2』
トーキョーN◎VAシナリオ『夜を翔ける Vol.2』表紙

 Vol.1の収録シナリオは「Boyage into the night」。昨冬頒布のシナリオを微調整したものです。大筋は特に変更ありませんが、頒布後のセッションでまた改善すべき点を検討し、もう少し遊びやすくなるようにとイベントやリサーチ項目の取捨選別、ハシラ情報の加筆などを行いました。……ちなみに相変わらず「Voyage~」じゃないのはわざとですんで、念のため。

 Vol.2は新作「I miss you, Master ...」を収録しています。内容的にはVol.1の続編で、Vol.1のシナリオをプレイ済みであることが前提となっています。ご注意を。

 他にも既刊を何種類か持ち込みますので、そちらもどうぞよろしくです。

3

 ちなみに昨冬にVol.1をご購入いただいた方に向けて、Web上で「初版→Ver1.01」の差分情報を公開することを検討しております。

 ……まぁ、TRPGのシナリオというのは基本的に“素材”であって、実際にプレイする際は各々が自分たちにとって最適となるよう手を入れるのが常なので、わざわざこちらが施した微調整を情報として提供することに意味があるのかなぁ、と思わなくもないのですが(笑)。

 コミケ前になるか後になるかはまだわかりませんが、できるだけ早めにと思っておりますので、少々お待ちくださいませ。

4

 それはそれとして、案の定と言うべきか、8月1日をもってマグマニ千葉店が閉店しました。

 ……まぁ、やや残念とは思えども、何も不思議なことはないし、特に困りもしないわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

なんかもぉいろいろヤバげ?

0

「最悪の賭けとは、賭けないこと」

AmazonのCEO、Jeff Bezos氏

1

 マグマニ千葉店で開催中のCD半額・特価セールに、なんとなーく嫌な空気を感じてしまうのは、私だけではないと思いたい。当初は5月末までという触れ込みだったはずが「期間限定」と謳って曖昧に続いており、単なる在庫処分にとどまらず、今年1月放送作品の主題歌とかまで安くなってるとくれば、そりゃ不安もよぎろうかというものです。

 などと言いつつも、安かろうありがたかろうってな感じで、あれこれごそっと買い込んできたりしているのですがネ。なんとなーく買いそびれていたCDなんかも安くなっているもんで、ついつい。

 ……これ以上積み上げてどうしようっていうんでしょうか、自分。

 …………まぁ、そろそろ購入希望のCDもなくなってきたので、潮時とゆぅ話ではありますが。

2

 それはさて置き、夏コミの当落が先日発表されたわけですが、自サークル「True Type Factory」は残念ながら抽選漏れという結果でした。

 ……ここ3~4年の当落結果を見るに、どうも夏は受からない、という流れになってる気がしないでもなく(苦笑)。冬にトラブルで本を出し損ね、夏にはリベンジの機会を得られない、みたいな事態の繰り返しにもなっているので、どーにか悪いモンを断ち切りたいとかそーゆー感じ。具体的に何ができるってワケでもないんですが(ぉ

 一応、昨冬の本の続きは書き進めているので、準備だけはしておこうと思う次第。書いても書いても書き終わらないのが不思議なところですけどねー(何)

3

 他方、TRPGサークル「チーム枕連」の方は無事に当選したので、昨冬のN◎VAシナリオの続きを作ることになるでせう。作業的にはまだ手つかずですけど、取り急ぎ原案担当から必要な情報をゲットして、まとめる作業に入らなければ……。

 加えて昨冬頒布のN◎VAシナリオ『夜を翔ける Vol.1』についても、内容調整の上で再販を検討中です。前回売り切れでお手に取っていただけなかった方にも、今回はご覧いただければと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

4

 マグマニもヤバそうだけど、WILLCOMもヤバくね? スマートフォン系の在庫が全然ないってのは、要はそういうことだと受け止めちゃっていいのかね?

 そしてヤバいを通り越して終了っぽいのがLZH書庫。事情が事情なだけにどうにもならんですのぅ。

 そしてもうひとつあきらめ気味なのが……ヴァイパー、自分には使いこなせそうにありません。ガク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

七花八裂九死に一生

0

「あっはっは」
「笑ってんじゃねえよ」
「あははははははは!」
「爆笑すんな! なんかむかつく!」
「失礼しました」

「零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係」 無桐伊織と零崎人識

1

 発売当時に毎月欠かさず購入していながら、第一話を読んだっきりで長らく放置していた『刀語』ですが、月一の大河アニメも放送中ということで、ようやく続きを読み始めてみました。
 ……そしたら第二話から第十二話までの十一冊、思いの外あっさりと読み終わってしまいました。

「今日は●●●に出張だから、電車の中で読もう」と思ったら、往路の電車の中だけで読み終わってしまい。
「今日も●●●だし、今度は2冊持っていくぜ」と思ったら、往路の移動中に2冊とも読み終わり。
「……でも4冊も持ち歩くのはさすがにイヤだな」と思いながら、休日の外出時に4冊持ち歩いていたら、移動中に3冊読み終わり、残る1冊を家で読み終え、これにてめでたく読了でございます、ってなもんで。

 いや、おもしろかったですよ。
 確かにおもしろかったです。
 おもしろくはあったんですが……。

 薄いなぁ、って印象はどうにもつきまといますやね。

2

 そもそもアニメの第一話「絶刀・鉋」を観たときに、微妙な感想を持ったのがきっかけでして。

「……あれ? この作品、こんなに内容薄かったっけ?」

 そうは思ったものの、記憶の中にある原作第一話と内容が違うということもなく、まぁこんなもんだったんだろうなぁ、と納得し。

 その後、原作の第二話を読んでからアニメ第二話を見てみたら、

「あー、微妙に端折ってる部分はあるけど、ほぼそのまんまの内容で、ほぼそのまんまのボリュームか」

 と理解したとかそーゆーお話。

 まぁ、だからこそ月イチ放送のアニメとしては適切な分量だったんでしょうけどね。

3

 他にアニメ版主題歌「冥夜花伝廊」や、講談社BOXのドラマCD「不問語」も買って聴いてみたり。

 主題歌は結構お気に入りですが、「不問語」の方は……朗読CDではあっても、ドラマCDとは言えないような気が。
 「佰物語」の方も「変わったことやらかしたなぁ」と思ったものですが、今回はそれ以上の変化球ですな。
 作者に言わせりゃ、「とんでもない暴投の悪球」ですか。
 狙ってやってるようにしか見えないけど。

4

 ちなみに同作者が原作の『化物語』、公式サイトでの「つばさキャット其ノ肆」のWeb配信が3月16日いっぱいで予定どおり終了となる様子。未見の方、もう一度見ておきたい方、お早めにどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«地元応援(違