« 地元応援(違 | トップページ | なんかもぉいろいろヤバげ? »

2010年3月14日 (日)

七花八裂九死に一生

0

「あっはっは」
「笑ってんじゃねえよ」
「あははははははは!」
「爆笑すんな! なんかむかつく!」
「失礼しました」

「零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係」 無桐伊織と零崎人識

1

 発売当時に毎月欠かさず購入していながら、第一話を読んだっきりで長らく放置していた『刀語』ですが、月一の大河アニメも放送中ということで、ようやく続きを読み始めてみました。
 ……そしたら第二話から第十二話までの十一冊、思いの外あっさりと読み終わってしまいました。

「今日は●●●に出張だから、電車の中で読もう」と思ったら、往路の電車の中だけで読み終わってしまい。
「今日も●●●だし、今度は2冊持っていくぜ」と思ったら、往路の移動中に2冊とも読み終わり。
「……でも4冊も持ち歩くのはさすがにイヤだな」と思いながら、休日の外出時に4冊持ち歩いていたら、移動中に3冊読み終わり、残る1冊を家で読み終え、これにてめでたく読了でございます、ってなもんで。

 いや、おもしろかったですよ。
 確かにおもしろかったです。
 おもしろくはあったんですが……。

 薄いなぁ、って印象はどうにもつきまといますやね。

2

 そもそもアニメの第一話「絶刀・鉋」を観たときに、微妙な感想を持ったのがきっかけでして。

「……あれ? この作品、こんなに内容薄かったっけ?」

 そうは思ったものの、記憶の中にある原作第一話と内容が違うということもなく、まぁこんなもんだったんだろうなぁ、と納得し。

 その後、原作の第二話を読んでからアニメ第二話を見てみたら、

「あー、微妙に端折ってる部分はあるけど、ほぼそのまんまの内容で、ほぼそのまんまのボリュームか」

 と理解したとかそーゆーお話。

 まぁ、だからこそ月イチ放送のアニメとしては適切な分量だったんでしょうけどね。

3

 他にアニメ版主題歌「冥夜花伝廊」や、講談社BOXのドラマCD「不問語」も買って聴いてみたり。

 主題歌は結構お気に入りですが、「不問語」の方は……朗読CDではあっても、ドラマCDとは言えないような気が。
 「佰物語」の方も「変わったことやらかしたなぁ」と思ったものですが、今回はそれ以上の変化球ですな。
 作者に言わせりゃ、「とんでもない暴投の悪球」ですか。
 狙ってやってるようにしか見えないけど。

4

 ちなみに同作者が原作の『化物語』、公式サイトでの「つばさキャット其ノ肆」のWeb配信が3月16日いっぱいで予定どおり終了となる様子。未見の方、もう一度見ておきたい方、お早めにどうぞ。

|

« 地元応援(違 | トップページ | なんかもぉいろいろヤバげ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七花八裂九死に一生:

« 地元応援(違 | トップページ | なんかもぉいろいろヤバげ? »